ファビコンに込められた意味

ファビコンというのはウェブサイトのアイコンとして表示される小さいマークです。


当サイトのファビコンはこれ。

背景の文字はナシにしようかなと最近思ってるんですけどね。




私はPCのブックマークバーを自分用に見やすくするため、お気に入り登録したサイトは名前を消して、ファビコンだけの表示にしています。


そのファビコンを眺めていると、青とか緑系が多いなあと感じます。逆に赤は少ないです。


集中力を高め、信頼感を与える色は青だと言われています。購買意欲をそそるのは赤色。

私が登録しているサイトはショップ系よりもSNSが多いので、自然と青系が多くなるのかもしれません。


当サイトも最終的にはそのあたりの色彩心理学を軽く参考にして、ファビコンの色を調整したという経緯があります。自分が青系好きということもありますが。


ファビコンの色ひとつとってみても色々考えながら作られていて、おもしろい。




そういえば、スマホのホームに表示されるアプリってゴチャゴチャしがちですよね。

アプリを色でグループ分けしている人のネット記事を前に読んだんですが、すごく画期的で綺麗でした。これブックマークバーでもできるやん?


てことで自分もファビコンを並べ替えて綺麗なグラデーションにしてみました。



わあお。

こんだけぼかしてても、インスタのファビコンは一発でわかりますね。すごい名デザインなのかもしれない。


これで、しばらくはファビコンでアートしちゃう私イケてるぅ~と思いながら使っていました。

似た色が並ぶことによる不便などは思いの外無かったわけですが、冒頭で自分自身が述べたようにファビコンはたまにデザインが変わることがあるんですよね。


最近、Gメールのファビコンデザインが変わってしまいました。

赤一色だったのが、カラフルになってしまった…。


別の色に変わったとかなら並び替えるだけでいいのですが、多色デザインだとどこに住まわせたらいいのかわかりません。

件の「スマホのアプリを色別にしてる人」は、多色アイコンは多色フォルダにまとめていらっしゃったんですけどね。


ああ、グラデーションになったファビコンを見てほくそえむ私のひそかな楽しみが…。


でもこの配色にももしかしたら何らかの意味が込められていて、めっちゃ考え抜いて作られたのかもしれない…と思うとちょっと興味深いです。

とりあえずこのファビコンは端っこによけておく。