「さわやか」は秋の季語だそうです

「さわやかな秋晴れ」という表現をニュース番組で聞きますが、そういえば秋以外では「さわやか」とはあまり言わないような…?

確かに夏が過ぎてカラッと涼しい秋は「さわやか」という言葉が一番よく似合うかもしれません。


まさしくそんな秋晴れの日に、春日大社に行ってきました。

家族が年始にお参りできなかったのでこの時期になったのですが、日差しは暖かく風は涼しくといった感じで、素晴らしかったです。

人がよってたかっているのは、七五三の撮影。

着飾った女の子たちがお姫様然としていて可愛らしかったです…。

あの年頃の女の子は皆自分がプリンセスだと信じて疑わない傲慢でおしゃまな性質が顕著で非常にいいんですよ…。

長くなるので語るのはやめておきますけど…。


この日は個人的な目的として、イラストに使う素材撮影も兼ねました。

苔や鹿の毛皮を撮って、最近描いてないカラーイラストに使いたいですね。


ちなみに今確認したら鹿の毛皮写真は見事にブレていました。逃げるし難しいんだよお。

やっぱ人間でも肌のドアップとか嫌だし、鹿も毛皮撮られるの嫌なんかな。


嫌なんやろな(笑)

ごめんよお…。



鹿の毛皮を撮るのは気長に挑戦するとして、4ページ漫画が描けるようにがんばります。

11月も応援よろしくね。