森林の日



※今回からRaiotと同じワンクッション方式を採用しております。


最終コマは2018年5月15日のあとっぽいですね。

ねこにスカ趣味があるという設定はありませんが、徐々に定着してきている感、というか、時すでに遅し?

【追記】本編の頃からねこはうさぎの排泄物に興奮していました。アウト!


彼のうさぎに対する感情は恋愛半分崇拝半分って感じです。

肉食である自分にコンプレックスを抱き、誰も殺さず草だけを食んで生きるうさぎを神聖視するところもあるので、排泄物にエロスを感じる一方でまさに「聖水」と思ってても不思議じゃありません。


こういうネタは一見下品なのかもしれませんが、その思考や言動に至るまでのキャラクターの気持ちに考えをめぐらすと、時に崇高でクレイジーな側面が見えてきます。それは私にとって萌えを禁じ得ないものなので、いくらでも描きたいですね。