終戦の日、親に会いに行こうの日

最初にうさぎに関するエピソードをまとめておさらいしておきます。


うさぎ母の視点に立てば、猫との交流を禁じたのは(特定の種族嫌悪を除いては)肉食獣から我が子を守るためであって、うさぎ自身それはよくわかってるはずです。

しかしその「猫」というくくりの中に親友のねこを雑に放り込まれるのはたまらなく嫌で譲れません。

うさぎも猫は嫌いではあるのですが、ウテナに対して個人単位の評価を重視(2018年6月2日参照)したように、猫が嫌いだからと言って過剰に排斥するつもりはないのです。


ねことしては、うさぎとは引き離されましたが施設に送られたことで暴力があったであろう家庭からは救出されたので、うさぎ母は恩人と言えば恩人です。なので、単純に「うさぎとうさぎ母が仲直りできたらいいなあ」と思っています。

でもうさぎが自分のことで怒ってくれているのはうれしい。


三者三様の機微がうまく折り合う日は来るのでしょうか。