【日常・イラスト】来年の夏も会いたい

こちらは2016年に撮影したツバメの巣。

雛はすっかり大人サイズで、撮った数日後には巣立っていました。毎年の光景、和みます。


ところが撮影したスーパーでは最近大規模な改装があり、外壁の塗り直しに伴い巣が撤去されてしまいました。

残すことはできなかったのかな~。でもタイミング的に今年の雛が巣立つまで待ってくれた?のは良かったのかな。

新しい巣が作られるかどうか、来年の夏まで心配しながらの見守りです。






当事者でない人の多くは、何とでも言えると同時に何もできない人たちでもあるわけです。 

だからあんまり踏み込んだことは言わないようにしてるけど、私が毎日何かを描くことで誰かが明日のことを考えてくれるなら、私からその人への「またみてね」が、ずっと続けばいいと思います。

しんどい時は休んでね。みんないつでもここで待ってるよ。